1. >
  2. >
  3. 資格をとるメリット・デメリット

資格をとるメリット・デメリット

人生で必ずプラスになります

仕事を探す際には必ずと言っても良いほど履歴書の提出を求められます。
人材を採用したいと考えている企業は、どんな人物でも採用したいわけではありません。
仕事を任せられないような人を雇っているほど、今の日本企業には余裕がないのです。
どのような人物なのか、仕事を任せるために必要なスキルを兼ね備えているのかを判断するためには、履歴書である程度は判断できます。
判断材料の一つとして参考にされるのが資格です。

仕事内容に合った資格を取得済の方であれば優先して採用される可能性が高くなります。
直接は仕事内容に関係がないような資格であっても、頑張って勉強をして資格を取得しているので努力家なのだと判断されるはずです。
つまり、どのような資格であったとしても決してマイナス評価には繋がりません。
必ずと言っても良いほど、資格を取得しているほどプラス評価をされるものです。
資格をとるメリットとデメリットをよく考えて、この先の人生でどのような資格取得を目指すべきなのか考えてみましょう。

参考:朝1時間をうまく使い、資格を取る「3つのメリット」

資格取得のメリット

資格を取得するためには、基本的にどんな資格でも勉強をすることが必要になります。
人生において勉強が必要なのは学生時代だけではありません。
社会人になってからでも常に勉強をする意欲を持つことはとても大切なのです。
人間は常に向上心を持つことで、どんどん能力を身につけることができます。
努力をするほど、今までの自分よりもステップアップできるのです。
かなり難しいと思われる資格でも、一生懸命努力をして勉強をしていれば合格は不可能でありません。
資格取得に向けている情熱を、仕事にも向けることができるので、仕事でも高い評価を受けられるようになると考えられます。
更に合格をして無事に資格取得できると確実に評価が高くなります。

当然ながら仕事探しをする際には間違いなく有利になります。
こんな仕事に就きたいと夢を持っている場合には、関連する資格取得をしておけばかなり有利です。
即戦力を求めている企業の場合は、履歴書の内容だけでライバルを出し抜くことができます。

資格取得のデメリット

資格を取得することでデメリットになることはないと考えられます。
強いて言えば、勉強をする時間をなかなか確保できない場合があるため、自分のために使える時間が削られるのがデメリットと言えるかもしれません。
場合によっては睡眠時間が削られて、眠たい目をこすりながら勉強をしている人がいるかもしれません。
どうしても深夜にしか勉強できないという方は、無理をしないで早く寝て、早く寝た分だけ早起きをしてください。
夜になって暗くなると眠くなるのは人間の本能なので仕方がありません。
それよりも夜はしっかり寝て、太陽の光がさしこむ早朝に脳をスッキリ目覚めさせてから勉強をした方が効率も良いです。