1. >
  2. >
  3. 就活コミュ障とは

就活コミュ障とは

就活コミュ障に気をつけよう

就活が始まると、さまざまな企業の採用担当者や面接官と会うことになります。
このとき人によっては、「就活コミュ障」になってしまうことがあります。
就活コミュ障とは「就活で企業の人とのコミュニケーションが上手くできないこと」を指します。

就活で接する人は社会人であり、学生生活で出会う人とは雰囲気が大きく異なります。
そのため人によっては上手く意思疎通がとれず、コニュニケーションに支障が出てしまうことがあります。
これが頻繁に起こってしまう人を就活コミュ障といい、比較的多くの人が陥ってしまう可能性があります。
就活を乗り切るためには、就活コミュ障の克服が欠かせません。
ここでは就活コミュ障の原因と対策方法を紹介します。

就活コミュ障の原因

就活コミュ障の原因として大きなことに「企業についてよく研究していない」ということが挙げられます。
面接を受けるときにはその企業について情報を得て、しっかりと事業内容や会社の風土、経営理念などを理解する必要があります。
こうしたことを知らずに面接を受けてしまうと、面接官と上手くコミュニケーションをとれないことがあります。

たとえば面接でよくある質問に、「なぜ当社を志望されたのですか」というものがあります。
このときに企業研究をしていないと、「福利厚生が整っているから」「自宅から近くて通勤しやすそうだから」のような、どの会社でも通じるような返答をしてしまいがちです。
これでは企業の面接官に好印象をもってもらえず、「この応募者は本当に当社をわかってくれているのか」と思われてしまうのです。

これに対して企業についての情報を理解していると、「業界トップを走っている御社で仕事を頑張り、利益に貢献しながら自分のスキルも磨きたい」のように、具体的な返答をすることができます。
このような「その会社ならではの内容」を伝えると、面接官は好印象をもってくれやすいです。

また、もうひとつ就活コミュ障になりやすい原因として、「自己分析をしていない」ということも挙げられます。
自己分析で自分がどのような長所や短所をもっていて、どのような仕事をしたいのかについて考えていないと、面接で質問されたときに上手く返答することができません。
自分自身についてよくわかっているつもりでも、意外と人はわかっていないものなのです。

就活コミュ障の改善策

以上を踏まえて、就活コミュ障を改善するためには企業研究と自己分析をしっかりして、面接の練習をすることが大切です。
企業研究と自己分析は就活をする上でとても大切なことのため、時間をとってしっかりと考える必要があります。
なかなか答えが出ないかもしれませんが、それでも考え抜くことが大切です。
企業と自分についてしっかり理解できると、自然と上手く伝わる返答ができるようになるはずです。

ただ、面接の練習は必要なため、より就活コミュ障を直すために、日頃から本番をイメージして面接の練習をしましょう。
これであなたも、就活コミュ障を改善できるはずです。