1. >
  2. >
  3. 医療系のお仕事

医療系のお仕事

あまり景気に左右されない

安定したお仕事を求めている方におすすめなのが医療系のお仕事です。
他の職種に比べてみると、景気があまり良くない現在でも求人案件が安定しているため、就職や転職をしやすいと言われています。
資格が必要な職種の場合は一生もののスキルとして活用できるため、女性の場合や出産をして子育てが落ち着いた頃に再就職しやすいメリットもあります。

医療事務

病院の窓口業務や保険請求業務などを担当します。
一般企業の事務と異なるのが、レセプトと呼ばれる診療報酬明細書を作成する業務を担当することです。
特殊な業務ですが、やり方をきちんとマスターしていれば決して難しい業務内容ではありません。
最近はパソコンを使用する業務が多いため、ある程度はパソコン操作に慣れていなければ仕事が勤まらない可能性があります。
基本的には資格を取得していなくても良いですが、即戦力として業務に就くことができる証として医療事務の資格を取得していると有利です。
主催している団体が複数存在しており、在宅で受験できる試験もあります。
決して難易度も高くなく、短い学習期間でも取得可能です。

歯科衛生士・歯科助手

歯科医師のサポートを行なうのが歯科衛生士や歯科助手です。
歯科衛生士として仕事に従事するには国家試験をパスするのが条件になっています。
専門学校や大学で歯科衛生士に必要な課程を修了しなければ受験資格を得られないため、数年間の学習期間が必要になります。
国家試験についてはほぼ100%に近い合格率を誇っているため、普段の勉強を怠っていなければ決して難しい試験ではありません。
医師の指示に基づき、治療の一部を補助したり、虫歯予防の指導を行なうなどの仕事を担当します。

歯科助手については歯科医師や歯科衛生士のサポート役として仕事を担当します。
実際に患者さんの治療行為を行なうことはありません。
医師や歯科衛生士の指示に従ってライトを当てたり、器具の受け渡しなどを行なう場合はあります。
会計やカルテ管理、予約受付などの事務的な業務を担当する場合が多いです。
歯科助手については特に資格が必要ありませんが、認定資格を取得していると即戦力として仕事に従事できるため喜んで採用される可能性があります。

看護師・准看護師

看護師は国家試験、准看護師は各都道府県の知事試験をパスすると取得可能です。
それぞれ必要な課程を経なければ受験資格を得ることができません。
明らかに待遇が良いのは看護師で、仕事内容についても准看護師では制限されていることも看護師なら行なうこともできます。
准看護師の難易度が低いですが、実際に勤務した際に待遇の違いに不満を抱いて看護師資格取得に向けて再勉強する方も多いです。
医療機関だけでなく様々な職場で看護師や准看護師の有資格者を募集しているため、就職先がなくて困るという事はほとんどありません。