1. >
  2. >
  3. 保育業界の現状と課題

保育業界の現状と課題

今後の改革が期待されています

世界的に少子高齢化の問題が注目されている中で、保育業界の現状と課題についても問題視する声がよく聞かれます。
今後は保育業界が働きたいと考えている方や、現在進行形で保育業界の仕事に従事している方に注目していただきたい内容をご紹介します。

保育業界が抱える問題

子供の保育や教育をする仕事は決して楽なものではありません。
保育業界で仕事に就きたいと考えている方の中には、子供が好きだからという理由で志した方も多いはずです。
実際に仕事に従事してみると、こんなはずではなかったという事がたくさんあるものです。
子供はなかなか言うことを聞いてくれない、保護者からの圧力が大きいなどの問題があります。
特に、待遇があまり良くない事に対して不満を感じる方も多いです。
こんなに大変な思いをしているのだから、もっと待遇を良くしてもらいたいとの本音を抱えてまま仕事に従事している方も多いです。
子供達は将来の日本を背負うことになる国の宝なのですから、保護者と協力し合って子供達の面倒を見てあげる人材を増やすためにも待遇改善されることが大きな課題です。

もう一つの大きな問題は待機児童がなかなか解消されない事です。
保育施設に入れたくても入れない待機児童がゼロになるように、国としても積極的に取り組んでいるものの、現在でも待機児童は完全にいなくなっていません。
本当は子供を預けたいのに、周囲から空きがないからしばらく待機することになると聞いただけでも申し込みを避けてしまう方が多いです。
そのため、潜在的に待機児童になっている子供の数はかなり多くなると予想されています。
待機児童を無くすためにも、本腰を入れた対策を実施しなければいけないと考えられます。

国、自治体、地域が主体になった改善を

子供達の将来は国や自治体、地域のいずれにも大きく関わってくるものです。
これからどんどん年齢を重ね、現在は現役バリバリで働いている世代が定年を迎える頃には、現在の子供達が現役世代として活躍しているはずです。
その子供達が大人になった時の夢を描くことができないような未来を、現役世代の私達が作ってしまってはいけません。
そのためにも国や自治体、地域が連携をして子供が安心して過ごせるような環境を整えることが大きな課題です。

今後は積極的に子供や子育て世帯に対する支援が行われる予定です。
認定こども園を全国各地に普及する取り組みも行われる予定になっています。
保育業界にも新たに参入できる企業が増えることで、求人もどんどん増えていくと考えられます。
子供達が楽しく過ごせる地域や自治体を作ることで、子供達が大人になった時には国を支える重要な役割を担っているかもしれません。