1. >
  2. >
  3. 損害保険業界の現状と課題

損害保険業界の現状と課題

様々な保険商品の開発が進んでいる

損害保険業界のメイン商品は、被保険者が何らかのアクシデントなどによって傷害を負ったときに、その補償をするという性質のものです。
損害保険業界全体で見ると、自動車保険の占める割合が多く、火災保険や一般の傷害保険などがその後に続きます。

こうしたメインとなる保険商品の割合は常に高い状況ですが、常に新しいタイプの商品が開発されていて、徐々に収入割合を伸ばしているのが現状です。
今まで加入がほとんどなかった自転車保険なども、様々な事情を背景に加入者数が増えてきていますし、今まであまり見られなかったタイプの傷害保険も増えてきています。
既存の保険商品のみならずこうした新しいタイプの商品開発をすることによって、新しい市場を開発していると言うことができるでしょう。

3つのメガ保険会社によって大部分が占められる業界

損害保険業界は、他の業界と比べても大企業の存在感が大きいところと言えます。
東京海上ホールディングスにMS&ADインシュアランスホールディングス、NKSJホールディングスの三つのメガ企業が、業界全体の9割ほどのシェアを占めています。
それだけ、統合が急速に進んだ業界と見ることもでき、激しい競争の末に今のような状況に落ち着いています。

統合と編成があらかた済んだ国内市場の次は海外市場ということで、こうしたメガ企業は積極的に海外進出を行っています。
世界中様々な国に進出していますが、特にアジア圏や中南米の保険会社をメインとしてM&Aを行っていて、投資額も年を追うごとに大きくなっています。
保険業界で見ると、外資系の企業が日本国内に進出しているケースは多いですが、損害保険という特定の業界に絞ってみると、それほど成功している外資系企業は多くはなく、三つのメガ企業にマーケットを独占されている状況です。

時代によって異なるニーズにこたえていく必要がある

損害保険は、被保険者のニーズが時代によって変わる傾向があります。
特に現在の日本は超高齢化社会に向かって進んでいるところですので、老後の資金のための保険や医療費を捻出するための保険商品が求められています。
それぞれの時代の流れを見つつ、常に求められるサービスや商品を柔軟に開発していくことが課題となります。

また、日本国内のマーケットに留まらず、さらに海外進出のスピードを強めてグローバル化を図るというのも課題となっています。
的確な企業分析をしてM&Aを成功させることや、グローバル事業を進行させられる人材の育成も必要となります。
こうした課題はすぐに解決できるというものではありませんので、長期的な視点に立ってバランスの良い経営をしていくことが肝心です。