1. >
  2. >
  3. モバイル業界の現状と課題

モバイル業界の現状と課題

規制緩和によって大きな変化を迎えたモバイル業界

様々な業界は規制緩和によって大きな変化を経験してきましたが、このモバイル業界も例外ではありません。
以前は3大キャリアであった、ソフトバンク、ドコモ、auのみが業界を支えてきましたが、現在ではたくさんの企業がこの業界に参入していて、サービスの多様化が進んでいます。

特に価格における多様化は顕著なものがあり、いわゆる格安スマホと呼ばれるサービスが主流となりつつあります。
回線自体は大手キャリアからのレンタルではありますが、サービスを簡素化して今までにはない低価格のサービスを提供することができるようになっています。
通話やインターネット接続サービスだけでなく、携帯端末そのものを開発してセットにして提供している会社もあり、経営の多様化も進んでいるのが特徴です。

様々なサービスが開発されていて顧客の選択肢が増えている

規制緩和によって多くの企業が参入するようになりましたが、その影響は価格面だけに留まりません。
サービスのバリエーションも大幅に増えて、それぞれの企業で競争を行っています。
価格だけでは勝てないという熾烈な業界内の争いが生じていますので、サービスの質とバリエーションが重要なポイントとなっているのです。

たとえば、オンライサービスを提供している会社が、自前のサービスとの連動を行い、より効率的でお得なスマホ利用ができるように工夫しているというケースが見られます。
また、独自のポイント制度を設けて、利用すればするほどお得にスマホサービスを利用したり、他のオンラインサービスを利用したりできるようにしています。
顧客としてはかなり選択肢が広がっていますので、より自由にキャリアを選べるようになっています。

業界内の競争の行方を見守る

モバイル業界は、規制緩和以降たくさんの企業が参入していますので、競争が激しくなっています。
そのため、これからの課題としては、それぞれの企業がどのようにその競争に勝ち残っていくかということになります。
そして、吸収合併や倒産などの状況が生じたときに、どのように顧客への対応を行っていくかということも重要なポイントです。

また、モバイル業界での技術の進歩が目覚ましいので、どのようにその技術を活用してサービスを向上させ、安全性を確保していくかというのも大事な課題です。
誰にとっても使いやすくなおかつ安心できるサービスを開発することは、企業の業績を大きく左右することにもなりますし、業界全体の運命にもかかわってくることです。
これからさらに様々な大きな動きが起こっていくことが予想されますので、その変化についていくことがとても肝心なポイントとなります。