1. >
  2. >
  3. 飲食業界の現状と課題

飲食業界の現状と課題

経済状況の影響を受けやすい

食生活が豊かな日本だからこそ、飲食業界も繁盛していると考えている方も多いですが、外食産業では苦戦を強いられています。
経済状況があまり良くない状況が続いていることから、外食をするよりも家で済ませようとする方が増えています。
外食をする人が減っているだけでなく、飲食業界で仕事に従事している人達も大変な苦労をしています。
中にはブラック企業と呼ばれるほど過酷な労働を強いられているケースもあり、社会問題にもなっています。
ここでは飲食業界の現状と課題を確認してみましょう。

参考:食業界の現状と課題

赤字経営が多い

飲食業界は残念ですが赤字経営になっている場合が多いと言われています。
食材の値上げが相次ぎ発生しており、外食をするお客さんの数も減っているという状態で、安易に商品の値上げをするわけにはいかないと葛藤している経営者も多いです。
原価が上がってもなかなか商品に転嫁できずに、現状維持を貫いているケースも多いですが、肝心のお客さんが入ってくれなければ赤字になる一方です。
利益率はあまり高くなくてもひっきりなしにお客さんがやって来るような飲食店の場合は、赤字になることなく黒字経営を維持しているケースが多いです。
いかにして赤字から黒字へ変えることができるかが、今後の大きな課題になっています。

集客上手になるための秘訣

苦戦を強いられている飲食店が多い中で、大繁盛をして儲かっているお店が存在しているのも事実です。
外食を控えたいという人が増えている一方で、あのお店で食事をしたい!と熱望するファンになる方も増えています。
ここまで二極化が進んでいる理由は、他の店にはない特別なメニューを提供している、美味しいのに安い、接客対応がとても良いなどがあげられます。

例えば、食の安全性を気にする方が増えていることから、本当に安心して食べられるオーガニック食材だけにこだわって提供しているお店があると仮定します。
材料になるオーガニック食材が高いため、どうしても商品も他のお店と比べると高めに設定されています。
それでも行列ができるほどの人気店に成長しているのは何が理由になっているかわかるでしょうか?
この場合は、お客さんのニーズにきちんと応えることができたから成功していると考えることができます。
元々美味しくて安全な食材を求めている方は、どの産地で生産されたものか、体に悪影響の出る添加物を使用していない食材なのかきちんと知りたいと考えています。
安全なオーガニック食材であることを証明し、産地や生産者をしっかりアピールしているなら間違いなくお客さんの心を掴むことができます。
一度食べて美味しかった、来店する度にポイントが付くなど、お客さんが「また来たい!」と思ってくれるようなメリットをアピールすることも大切です。